目的
障がいのある人の芸術活動の普及と振興を図り、芸術活動を通した生きがいづくりを促進し、もって障がいのある人の福祉の増進に寄与することを目的とします。


事業の内容
    1. 障がいのある人の芸術作品の作品展開催に関する事業
    2. 障がいのある人の魅力的な芸術作品の発見・発掘に関する事業
    3. 障がいのある人の創造力を発見する力、社会に繋げる力を育成する研修事業
    4. 障がいのある人の芸術作品の販売・貸出・肖像権の管理等に関する事業
    5. その他、目的を達成するために必要な事業



プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

公益社団法人 東北障がい者芸術支援機構が定めるプライバシーポリシー(個人情報の保護方針) についてはこちらをご覧下さい≫



障がい者の芸術活動の意義

芸術活動を通じて幸福で豊かな生活を営むことは、全ての人に権利であり、障がい者芸術活動を支援していくことは、その社会参加を進め、障がいの有無にかかわらず人々がお互いを尊重しながら共生する社会を実現していく上で非常に重要な役割を有しています.

また、障がい者の芸術活動の中からは、その既存の価値にとらわれない芸術性が国内外において高い評価を受けるような事例も数多く出てきており、障がい者が生み出す芸術作品は、これまでの芸術の評価軸に影響を与え、芸術の範囲に広がりや深まりを持たせ得るという点で、芸術文化の発展に寄与する可能性を有するものです.

厚生労働省 障がい者の芸術活動への支援を推進するための懇談会 中間とりまとめから(抜粋)


事務局等
名称 公益社団法人 東北障がい者芸術支援機構

代表理事 須佐尚康

事務局所在地 〒980-0803 仙台市青葉区国分町1丁目7番18号 東洋ワーク内 ※東洋ワークHPはこちら≫

電話番号 022-266-8533

ファックス番号 022-224-3429