現在開催中

『アラワシの詠(うた)』開催のご案内

本展は、詩人 吉増剛造の多様な創作スタイルに着想を得て構想しています。

 

「詩人」と聞くと、どのようなイメージを持つでしょう。

文字を推敲して詩作をしたり、できた詩を朗読する人、でしょうか。従来の詩のイメージで吉増を見ると、活動の多様さと幅の広さに驚かされます。「全身詩人」とも評されるその多様な仕事は総じて「詩」であり、他にない存在感を放っています。いつのまにか「詩人」や「詩」というものの持つイメージは崩れ、なにかを表現することに「決まったかたちはない」ということに気付かされます。

では「詩」が詠まれるとき、そこではなにが起きているのでしょう。

 

隠されていた大切ななにかが顕わにされ、もしくは未知の価値がたち現わされているような、そんな感覚を覚えます。そしてそれらは愛おしまれるようにして、ここに詠い留められ、もしくは解き放たれ、私たちに届けられているようです。

 

本展では、吉増をはじめ、様々な手法でなにかをアラワし、詠うように留める7組の作家を紹介します。それぞれの「なにか」を味わいつつ、表現というものの多様さと、その力を感じていただければ幸いです。

 

|会 期|

2018年11月10日(土)~2019年1月20日(日) ※休館日:毎週火曜ならび、12月 31日 ~ 2019年 1月 4日 

|会 場|  

はじまりの美術館

|料 金|

一般500円、65歳以上250円、高校生以下・障がいをお持ちの方および付添いの方(1名まで)無料  

|出展作家|

浅見俊哉、上田假奈代(釜ヶ崎芸術大学)、鈴木ヒラク、富塚純光、中村和暉、宮川隆、吉増剛造

 

|関連イベント| 

 

□ ギャラリートーク 〜みんなで一緒に作品を味わおう!〜

  • 日 時:2018年11月10日(土)、12月15日(土)、1月13日(日) いずれも13:00-14:00参加費:無料(要観覧料)
  • 美術館スタッフと一緒にみんなで「アラワシの詠」を巡ろう!誰かと一緒に作品を見ると、新しい気づきがあるかもしれません。大人も子どもも大歓迎です。

□ はじめての方もごいっしょに 合作俳句と詩の会「あらわしのうたげ」

  • 日 時:2018年11月10日(土) 14:00〜15:30
  • 進 行:上田假奈代(詩人)
  • 参加費:無料(予約不要)
  • いそがしい日常を、そっと脇において ゆっくりまったり、時間をすごします。 ことばを人生の味方にするコツは あらわしあうことからはじまります。

□ 吉増剛造・和合亮一トーク&パフォーマンス 「アラワシの詠」

  • 日 時:2018年11月17日(土) 15:30〜17:30 
  • 出 演:吉増剛造(詩人)、和合亮一(詩人)、篠原誠司(足利市立美術館)
  • 参加費:1000円(展覧会観覧料込み・要予約)
  • 出展作家・吉増剛造氏と、福島を代表する詩人・和合亮一氏を迎えてのトーク&パフォーマンスを開催します。聞き手は、足利市立美術館の篠原誠司氏です。

□ 連歌に挑戦!猪苗代兼載と詠のこころ

  • 日 時: 11月25日(日) 14:00〜15:30
  • 講 師:戸田純子(元高校教員・猪苗代兼裁研究) 
  • 協 力:猪苗代の偉人を考える会
  • 参加費:無料
  • はじまりの美術館がある猪苗代で「うた」といえば、室町時代を代表する連歌師・猪苗代兼載がいます。研究者の戸田純子氏を迎え、兼載や連歌のことを紹介いただきながら、みんなで句をつくります。

□ 冬の会津・親父二人語り
日 時:2019年1月14日(月・祝) 14:00〜15:30
語り部:鈴木清孝(猪苗代民話の会)・清野清作(会津かたりべ会)
参加費:無料(予約不要)
猪苗代在住の語り部・鈴木清孝氏と、会津かたりべ会の清野清作氏による民話語りを開催します。この時期ならではの「会津の冬」にまつわる民話語りです。

 

 

|お問合先|

はじまりの美術館

〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873 

[TEL/FAX] 0242-62-3454

[E-mail] otoiawase@hajimari-ac.com

[WEB] http://www.hajimari-ac.com/ 

 

「アラワシの詠(うた)」チラシ裏面
「アラワシの詠(うた)」チラシ裏面
「アラワシの詠(うた)」チラシ表面
「アラワシの詠(うた)」チラシ表面



終了いたしました.ご来場ありがとうございました.

第3回 Art to You! 東北障がい者芸術公募展 大賞受賞記念作品展

“中島 優理 個展“  開催のご案内

| 会  期|

2018年11月6日(火)~11月11日(日) ※月曜定休日

|  時 間  |

10:00~19:00 ※最終日は17:00まで

|  会 場  |

晩翠画廊 仙台市青葉区国分町1-8-14仙台第2協立ビル1F

TEL. 022-713-6230    FAX. 022-713-6252 ウエブサイト≫

 |  作家コメント  |

障がいを隠し、障害年金によらず働き生活する事は困難なものでした。しかし同じように病気に苦しみ、なお働き続ける人びとの目線に立ち、同じ苦しみを持って欲しく無いと思えるようになった事は、今となっては私の宝です。

カザルスがチェロを武器に世界平和のために戦ったように、私は絵筆を武器に困難に直面している人びとのために戦いたい。これからもピンチをチャンスに変えつつ。  

この個展がいわゆる世のトップと言われる人びとに訴えかけ、同胞に同意を求め、困難に対峙する人びとを救うものとなる事を願っている。― 中島 優理 ―

|  略 歴  |

水戸市生まれ、仙台在住.新宿美術学院、創形美術学校、文化服装学卒業.近畿大学国際人文科学研究所東京コミュニティカレッジ四谷アートステュディウムにて岡崎乾二郎芸術理論ゼミ受講.臨床美術士.

|  個 展  |

2016年「人びとはしるしを欲しがる」Sendai Artist-Run Place(仙台).「新約」ギャラリーQ(東京)/2017年「ラビリンスSendai Artist-Run Place(仙台)/2018年「Foto und DruckSendai Artist-Run Place(仙台). その他、個展総数23回 (※記載は開催年、個展タイトル、開催会場の順)

|  受賞暦等 |

19982002年上野の森美術館 日本の自然を描く展 入選/20022003年 河北美術展 入選/2003年~版画みやぎ 毎年出展/2017Art to you!東北障がい者芸術公募展 大賞(東洋ワーク賞)せんだいメディアテーク(仙台)

『障がいのある人の芸術支援にかかる研修会』実施報告

公益社団法人東北障がい者芸術支援機構(代表理事.須佐 尚康)は、「障がいのある人の芸術支援にかかる研修会」を平成30年9月24日(月)13:30~16:00、仙台市市民活動サポートセンターを会場に、総勢54人で開催致しました。

内容については、滋賀県・やまなみ工房様制作「地蔵とリビドー」の映画鑑賞に続き、“障がいのある人の芸術を支援するということ”をテーマに、やまなみ工房施設長:山下完和(やました まさと)様と仙台市のきょうどう舎支援員:木須健一(きす けんいち)様に、当法人の黒須理事が加わり、鼎談として進行致しました。

映画鑑賞と対談、そして、参加者との意見交換を通して、つぎのとおり議論を深めることができました。

●広がりが期待できるすばらしい映画です。●本音に向き合うことが大切なことです。●障がいのある関係というのは、やはり、世界(社会)は狭いので、広く社会へ発信し、理解を深めていくことが大切なことです。●私たちは、常に対等であることを忘れていけません。●彼らは、素晴らしい表現者であり、一人の人格者なのです。●状態が良くない時、いい作品が制作できる傾向にあります。●制作活動がいい薬ともなっています。●異なること・異なる人を理解し合えることが大切です。

最後に、法人からのメッセージとして、みなさんからの作品は、「命」そのものと思い、これからも、大切に・丁寧に、さらに、理解を深められるような工夫と企画に心がけ、作品を展示してまいります。と参加者みなさまへお伝えし、閉会としました。

 鼎談風景

鼎談風景

意見交換


終了いたしました.ご来場ありがとうございました.

『障がいのある人の芸術支援にかかる研修会』開催のご案内

皆さまには、当法人の活動につきまして、ご理解・ご協力を賜り、衷心より厚く感謝申し上げます。

お陰様を持ちまして、8月10日(金)~12日(日)に開催致しました『第4回Art to You!東北障がい者芸術公募展』は、3日間の会期を通して、3,490人のご来場者を迎え無事終了致しました。心より御礼と感謝を申し上げます。

さて、当法人は、『Art to You!東北障がい者芸術公募展』事業と並行し、『障がいのある人の芸術支援にかかる研修会』をもう一方の大切な活動として取組んでおります。

今回は、映画<地蔵とリビドー>上映と、滋賀県のやまなみ工房施設長:山下完和様と仙台の生活支援きょうどう舎支援員:木須 健一様をお招きする研修会を企画致しました。

この研修会をとおし、障がいのある人の芸術支援活動について、理解を深め、交流を広げることが出来ましたら幸いと存じます。

つきましては、ご多忙のところと存じますが、標記研修会を下記のとおり開催致しますので、ご出席を賜りますようご案内申し上げます。

 

 |日 時|

平成30年9月24日(月) 13:30~15:50

|場 所|  

仙台市市民活動サポートセンターB1 市民活動シアター

仙台市青葉区一番町四丁目1-3 WEB-SITEはこちら≫ 

|定 員|80人 
|参加料|1,000円  

|内 容| 

  1. 映画〈地蔵とリビドー〉プロデュース:やまなみ工房/62分 
    滋賀県にある障害者施設「やまなみ工房」に通所するアーティストたちのユニークな創作スタイルや、工房で過ごす彼らの日常の様子を約一年半に渡り撮影して製作されたドキュメンタリー映像作品です。
  2. 鼎談:障がいのある人の芸術を支援するということ/60分
    滋賀県 やまなみ工房 施設長.山下 完和(やました まさと)様
    仙台市 生活支援きょうどう舎 支援員.木須 健一(きすけんいち)様
    公益社団法人 東北障がい者芸術支援機構 理事.黒須 敦子(コーディネーター)
  3. 意見交換/10分

|お問合先|

〒980-0803

宮城県仙台市青葉区国分町1-7-18 白蜂広瀬通ビル5F

公益社団法人 東北障がい者芸術支援機構 事務局 (若生・齊藤・吉田)

TEL/022-266-8533 FAX/022-224-3429

こちらのフォームもご利用いただけます≫

E-mail:info@art2you.org  Webサイト:http://www.art2you.org/

「地蔵とリビド―」チラシ表面
「地蔵とリビド―」チラシ表面
「地蔵とリビド―」チラシ裏面
「地蔵とリビド―」チラシ裏面

『障がいのある人の芸術支援にかかる研修会』 実施報告

『障がいのある人の芸術支援にかかる研修会』 実施報告

公益社団法人東北障がい者芸術支援機構(代表理事 須佐尚康)は、『障がいのある人の芸術支援にかかる研修会』を平成30年5月26日(土)15:00~17:15、社会福祉法人安積愛育園はじまりの美術館(福島県)を会場に、約20名の参加者を迎え、開催しました。これは、昨年11月に青森と宮城で開催した研修会と同様の目的で行ったものです。 

内容については、当法人が実施した『障がいのある人の芸術文化活動状況アンケート』について、理事の黒須敦子(くろすあつこ)氏から報告を行ない、続いて、講演を、クシノテラス代表 櫛野展正(くしののぶまさ)氏から『障がいのある人を支援するということ』について、ご本人の体験談を交えながら、コンテンツ豊富にお話を賜りました。

さらに、今回は対談形式で、櫛野展正氏に、はじまりの美術館 小林竜也(こばやしたつや)氏と、東北障がい者芸術公募展実行委員長で、日本音楽療法学会東北支部長の須佐凉子(すさりょうこ)氏が加わり、『障がいのある人の芸術について』というテーマで、周囲の人の気づきや、本人に寄り添う(認める)ことの大切さ、そして多様な能力を発揮できる環境づくりの重要性などについて、議論を深めていただきました。また、参加者からも質問が寄せられ、会場全体を巻き込んだ対談となりました。

[講演] クシノテラス代表/櫛野展正氏

 [鼎談の様子]
      クシノテラス代表/櫛野展正氏
      はじまりの美術館/小林竜也氏
      東北障がい者芸術公募展実行委員長/須佐凉子氏


終了いたしました.

|企画展|“無意味、のようなもの” 開催のお知らせ

開催日:2018年4月14日(土)~7月16日(月・祝)

時 間:10:00~18:00 

料 金:一般500円・65歳以上250円

    高校生以下・障がい者手帳をお持ちの方、付添いの方(1名まで)無料

会 場:はじまりの美術館 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873

     TEL/FAX 0242-62-3454 HP www.hajimari-ac.com  Email otoiawase@hajimari-ac.com

 

一見意味のないように思える行動やその痕跡.

そういったものに出会うときあなたは、驚いたり、戸惑ったり、不快に思ったり、見てみぬふりをしたりしていないでしょうか.また、特定の行動を何度も繰り返したり、過剰ともいえるこだわりに執着している人がいたとしても、身近で接しているうちにだんだん気にとめなくなることも多いように思います.しかし、無意味に思えるかもしれない行動や行為の裏には、実は大切な意味や伝えたいことがあり、それはその人のひとつの表現だったりするのではないでしょうか?

 本展では、「意味があるのだろうか」と考えてしまう行為をしたり、作品を制作する作家をご紹介します.その表現は祈りのようなものもあれば、強いこだわりから生まれたもの、そして我々に考えさせるためのメッセージをこめたものなど様々です.本展が、「無意味」のようなものについて考え、思いを巡らすきっかけになれば幸いです.


 関連イベント 

1.ギャラリートーク 

4/14(土) 5/12(土) 7/14(土) いずれも13:30-14:30 参加費無料 ※要観覧料 美術館スタッフが本展の解説を行います.

2.常設WS「あなたのこだわり教えて下さい!」

展覧会会期中、カフェスペースに「こだわり掲示板」を設置します.人から見ると無意味かもしれない、日頃こだわっていることや、ついやってしまう癖など教えてください.

3.今井さつきイベント「人間ノリ巻き体験」

4/14(土)―16(月)・18(水)―22(日)・28(土)―5/6(日) ※開館中随時開催 参加費無料 ※要観覧料

出展作家の今井さつきの作品「人間ノリ巻き」を体験できます.希望者はノリ巻きに巻かれ、具材になり、メニューの一つになれます.

4.櫛野展正トークイベント

5/26(土) 15:00―17:15 ※要予約

アウトサイダー・キュレーターである櫛野展正氏を招きトークイベントを開催します.

主催:公益財団法人東北障がい者芸術支援機構

5.田中偉一郎イベント「ストリート・メーカー」

7/8(日) 14:00-16:00 募集人数:30名 ※要予約

あの線は誰がひいた?あの壁はだれが塗った?あの穴は、だれが空けた?誰もがストリート・メーカーになる瞬間を撮影し、このまち全部の作者になってしまいましょう. 持ち物:カメラ(ケータイカメラレベルで十分です)

同時開催

5/13(日) 10:00―16:00 AIZU COFFEE TIME!2018

6/10(日) 10:00―16:00 はじまるしぇ~よってらっしゃい!4周年記念祭り

主催:はじまりの美術館

イベントやワークショップの詳細は、はじまりの美術館HPをご覧ください≫